オウンドメディア制作

自社の情報を発信しつづけ、ファンを増やす。それがオウンドメディアです。

POINT_01

自社の「思い」を伝える場所をつくります。

「思い」を伝える方法は様々です。現在はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をはじめ多くのウェブサービスやツールが発達したおかげで多くのアプローチの方法があります。そのような状況の中で注目されているのが「オウンドメディア」です。自社が所有するメディアのため「思い」をストレートに伝えることができる場所です。モーヴデザインは「思い」を伝えるその「場所」をつくるお手伝いをいたします。

POINT_02

自社の情報を有益なコンテンツに変える。

社内で持っている情報やノウハウには大きな可能性を秘めています。「うちには発信するものが何もない……。」と感じている場合でも必ず独自のコンテンツがあるはずです。社員が日々の業務にあたる際に当たり前に使用している知識やノウハウも外部のものからすると、とても価値がある情報である場合があります。その価値ある情報を掘り起こし、有益なコンテンツに変化させます。

POINT_03

編集者が「読まれる」記事を作成。

記事の集合体でもあるオウンドメディア。ひとつひとつの記事のクオリティがオウンドメディアの良し悪しを大きく左右します。モーヴデザインでは長年数多くの雑誌編集に携わった編集者が記事を作成いたします。企画から取材、記事作成までおこなう編集者が多角的な視点でターゲットユーザーが求める「読まれる」記事を作成いたします。また納品前には複数の編集者で校正をおこない、品質向上に努めます。

POINT_04

ファンになってもらい、愛されるメディアに。

オウンドメディアでたいせつなことは、情報を発信しつづけること。もちろん、つづけることは簡単なことではなく、長期的なスパンで進めなければ良質なオウンドメディアができません。ターゲットユーザーがどんな情報を求めているのかを考え、読んでもらえるような記事をつくり、発信しつづける。そうすることによりファンが生まれ、愛されるオウンドメディアとなります。